FC2ブログからWordPressに引っ越しするのは予想外に簡単な作業だった

Pocket

もともとFC2でブログ開設をしていて、記事数もそれなりに多かったので、WordPressでブログを新設して引っ越しをする作業に戸惑いを感じていました。

戸惑いというよりは、「あ”〜面倒くさいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(´・ω・`;)」という感情。

いざFC2ブログからワードプレスへ引っ越し作業を進めてみると、根本的な悩みが解消したので 手引きとしてブログに残しておこうと思います。

とりあえず何が面倒に思うのかというと、”やり方がわからない”とか、そういうのではなくて「フォーマットが合わないんじゃないか?」という 簡素ながらも猛烈に奥の深い一言から始まる疑問なんですよね。

タイトルや文章、画像の保存先はどうなのかとか。

結論を言うとフォーマットは合いました。 画像に関しては、WordPressがURLから画像を読み込んで、勝手に保存して再リンクしてくれます。

1.FC2のブログ記事をパソコンにエクスポートします。

FC2ブログの左帯にある「ツール」-「データバックアップ」をクリック。

2.「ダウンロード」をクリックします。

今回は完全移行のため、全記事が欲しかったので 私は”全ての記事”の横にある「ダウンロード」をクリックしました。

3.テキストでダウンロードされた物を開いてみます。

文字化けしてませんか?Macの方は問題ないと思いますが、Windowsの方がWindows標準のテキストエディタ(メモ帳)で開いた場合、文字コード(人間で言う訛りのようなものです。)がEUC-JPになっているため、UTF-8の文章もEUC-JPだと勘違いしたまま開くために文字化けが発生してしまうことがあります。

そういう時は、TeraPad(無料のテキストエディタ)などを使って、EUC-JPからUTF-8に直して開いてみてください。

4.記事の内容を見てみます。

最低限確認が必要な箇所は、「AUTHOR」「STATUS」「Publish」、カテゴリの一部を引っ越しなさる方は、それに合わせて「PRIMARY CATEGORY」「CATEGORY」を確認しておけば 後は問題ないと思います。

・AUTHOR: 筆者 WordPressでもFC2で仕様していた同じ名前を使う場合は そのままでも結構ですし、ここで買えなくてもWordPressに記事をアップロード(インポート)する際に 筆者の変更有無などを聞かれます。心配な方はアップロードをする前にテキスト上で置換作業をしてください。 ・TITLE: ブログ記事タイトル ・STATUS: Publish Publish=この記事を公開 draft=この記事を非公開 ・PRIMARY CATEGORY: 親カテゴリ 親カテゴリです。例えば”地球”というカテゴリの中に”日本”というカテゴリを置いてる場合は、親カテゴリの”地球”をここに記載。もともと親カテゴリを設定していない場合は、PRIMARY CATEGORYとCATEGORYは同じ値を入れておきます。 ・CATEGORY: カテゴリ

5.文字の一括変更(置換作業)を行います。

何も変更する箇所がない場合は飛ばしてください。

・Windowsの場合 テキストエディタにもよりますが、キーボードの「Ctrl+Fが検索」で、「Ctrl+H」が置換です。 検索窓を呼び出して、そこから置換作業をするエディタもあるので、エディタのマニュアルをご確認ください。

・Mac標準のテキストエディタで操作する場合は、キーボードの「command+F」で検索窓を呼び出して、その検索窓右上に表示されている「置き換え」にチェックを入れます。

置換作業でミスをしないために、例えば”AUTHOR: 筆者”を変更する場合は、その行(”AUTHOR: 筆者”の全文)の置換を行ってください。”筆者”という文字だけを置換しようとした際、その文章がタイトルや記事内に入っていると それも置換されてしまうことになるので注意が必要です。(筆者を置換する場合は特に問題なと思いますけど…)

ミスしても問題のないように、別の場所へバックアップを取っておくことをお勧めします。

6.WordPressに記事データをアップロードします。

WordPress管理画面の左帯下の方にある「ツール」-「インポート」をクリックします。

7.「Movable Type と TypePad」をクリックします。

FC2の文字が一切ないからといって、おじけずく必要はありません。

8.右下の「今すぐインストール」をクリック。

プラグインのインストール画面が立ち上がります。この画面が立ち上がらない場合は、そのまま次の工程へ。

9.「プラグインを有効化してインポートツールを実行」をクリック。

10.「ファイルを選択」して、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック。

11.記事の作者を決める。

通常はプルダウンで選択できる作者を選んでください。 今ログインしてるIDとは別にIDを新設して、ブログを書くときはそのIDでログインをして使うのであれば空欄に別の名前を入力してください。 多人数でブログを運営している場合を除き、通常はログインし直す手間を考えるとプルダウンから選択してインポートした方がいいのではないでしょうか。

To make it easier for you to edit and save the imported posts and drafts, you may want to change the name of the author of the posts. For example, you may want to import all the entries as admin’s entries. 上記の翻訳: あなたは作者の名前を変更したいかもしれない。

Below, you can see the names of the authors of the Movable Type posts in italics. For each of these names, you can either pick an author in your WordPress installation from the menu, or enter a name for the author in the textbox. 上記の翻訳: 作者を入力するか選択してください。インポートしようとしてるファイルで使ってる作者名は”Current author”に記載のある名前です。既にWordPressの設定で作者名を決めている場合は、プルダウンメニューの中からその名前を見つけて決定するか、新たに作者名を作成したい場合は空欄に名前を入力してください。

If a new user is created by WordPress, a password will be randomly generated. Manually change the user’s details if necessary. 上記の翻訳: 空欄に名前を入力して作者を新しく作成した場合は、パスワードは無作為に生成されます。このパスワードは後から変更できます。

12.インポート完了。

この画面が出て止まれば、インポート完了です。

記事の一覧を見て不具合がないか確認してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク