MarsEditに差し込む画像ソース(タグ)を変更する方法

Pocket

MarsEditで編集をして、画像や写真を差し込もうとした際に、不要と思われるタグが挿入されることがあります。

例えば、WordPressで画像保存する際に、ファイル名をを被らないランダムな名前に変更してくれるプラグインを使用している時には、代替テキストが入ると気まずい時もあります。
スクリーンショットをそのまま使用すると、代替テキストにはスクリーンショット名がそのまま使われたり、CSSでborderを設定されてる方は わざわざCSSでセッティングしてるのに無駄なソースが入ってしまいますよね。

今回は代替テキストの削除を行いたいと思います。

《MarsEditで用意してるコード一覧 》
・画像のURL:#fileurl#
・画像の代替テキスト:#alttext#
・画像のファイル名:#displayname#
・画像の幅:#imgwidth#
・画像の高さ:#imgheight#

1.MarsEditのWindowの中にある”Upload Utility”を開きます。 

2.赤枠のなかに何でも構わないので仮の画像をドラッグします。
 

2.Styleをcustomizeします。
 

3.空欄を埋めていきます。
 
(1)+ボタンを押します。
(2)分かりやすい名前をつけます。(半角がいいのかな?全角は試してません。)
(3)ここにタグを書きます。上に書いた、MarsEditが予め用意しるタグを使用しながらimgのタグを仕上げます。
 例:<img src=”#fileurl#” title=”#displayname#” border=”0″ width=”#imgwidth#” height=”#imgheight#” />
(4)仕上がったらOK。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク