Mac使いとして見た目は許せないが「使い勝手が優秀だ!」と人気のMarsEdit(ブログエディタ)をダウンロードしました

Pocket

高機能で使いやすいと噂のブログエディタ「MarsEdit」を購入!!

昨日、シンプルな見た目で 書き心地のよさそうなブログクライアントblogoを購入しましたが、残念なことにレビューで書かれていた通り、まだ日本語で使用するのは少し時期が早い。

Blogoで長文を打っても疲れなくなるまでの仮使いと言っては 大変申し訳ないのですが、、、MarsEditを購入しました。
でもこれ買って正解でした。デザイン以外は何の違和感もなく使えます。 

使い心地はWordPressをブラウザからご使用の方なら、blogoより こちらのほうが使いやすいのかなというのが本音です。

【リッチテキスト形式で使った際に使いやすいと思った点】
1.ブログの文章に改行を入れるキー操作がWordPressをブラウザでした時と同じ反応。
Blogoで改行をするためにEnterを押すと<BR>になっちゃうんですよ。MarsEditの場合は、リッチテキストで書いてる際に、Enterを押すと<P>になる動きをします。Shift+Enterで<br>。それを思うと、ブログは文章を書くことがメインになるため、WordPressでお使いになる場合は、ストレスを感じることも少ないのかなと思います。
2.カテゴリーが選択肢として用意されている。
blogoでカテゴリを選択したいと思っても、思い出してそのカテゴリを入力していく作業が待ち構えています。カテゴリ名を忘れていたら、その都度ブログを開きコピペ。これは面倒くさい。

公式のデフォルトセッティングが使えるのは、クライアントを選択する上で重要な要素の一つではないかと思います。

ただMarsEditの何が嫌いって、この見た目嫌いです。
スタイリッシュじゃない。ブログを書いているというよりも、淡々と仕事でメールを送る作業をしているように思えて発心が出てきそうです。
blogoが早く日本語使用者にも配慮した改良を行ってくれることを願うばかり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク