[基本] html

Pocket

HTMLソースの基本

「これがなくてはwebページは存在しない。」というのは、大げさすぎるかもしれませんが、これが分からないと先に進めません。

それがこちら。
基本中の基本なので、暗記していただいて結構です。

<html>内に<head>と<body>があり、<head>の中には<title>、<body>の中にはコンテンツを差し込んでいきます。

  • 基本的に「始まり」と「終わり」が一対でサンドイッチになっています。 例:<始まり>ここに何かしら他の物が入ります</終わり> ※中にはこれに当てはまらないソースもあります。
  • headの中には、機械が認識する内容を書きます。ここに書かれた物は、ブラウザ (Internet Explorerなどのインターネットを観覧するソフト)にそのまま表示されることはありません。
  • ブラウザに表示させたい文章や画像 (メインコンテンツ)はbody内に書きます。
  • body内に書く物とhead内に書く物は、既に決められています。

文字コードの必要性

文字コードとはパソコンに言語を教えるようなもので、そのページが何語で書かれているかを指定するものです。

楽天市場やYahooの商品ページを作成する上で、この文字コードは必要になりません。

楽天市場がフリースペースとして提供している楽天GOLD (FTPアップロード方式のサーバー)にhtmlをアップロードする場合に これが必要になります。
(サーバーが賢いというか、がんじがらめというか…入れなくても動くといえば動きますが…)

楽天市場はEUC-JPです。

最近、多くの場面でUTF-8というコードが使用されていますが、楽天市場はEUC-JPが使用されています。
誤った文字コードを指定すると、そのページが文字化けしたり 正常に表示されたとしても表示速度が遅くなるので注意が必要です。

head内に指定します。

楽天市場で使われている文字コード

余談ですがwebで一般的に使われている文字コード2種類も記載しておきます。

挿入例:

web制作に使い勝手のいいテキストエディタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする